カテゴリーアーカイブ ソリューション

ニッチ戦略 小さな会社やフリーランスの突破口

小さなお店や個人事業主が高い収益をあげるため、日ごろ頼ってくれる経営者や
起業家には、スモールスタートやニッチ(=隙間)戦略を勧めています。嬉しいこ
とに最近は、ニッチ戦略で選んで会いに来てくれる起業家の方が増えました。

展示会や商談会に行ったことのある方はイメージが湧くと思いますが、下請けの
企業が大半を占める受発注タイプの業界展は、業界によらず出展ブースの傾向が似
たり寄ったりではありませんか?

発注側の依頼を受けて、プロデュースする事業の事前調査や情報収集などの目的
で展示会を訪れると「高品質・短納期・低コスト」や「なんでも出来ます」「OE
M歓迎」などの売り文句が溢れかえっています。

発注者で購買担当としての心理は、「自社のニーズに合った商品・サービス」を
探すのが目的ですが、ピンポイントで目的の相手先が無ければ、それに近い複数の
相手から「合見積もり」や「コンペ」を行って、コストを下げようとします。

これが価格競争に巻き込まれてしまうプロセス。だから客層を絞り込み、ある特
定の顧客だけが反応する、ニッチな商品やサービスを創り価格競争から離れ、機会
が減る分を効果的なプロモーションでカバーする。

市場の広さと収益力はトレードオフの関係。そのノウハウを身に着けることは時
間のかかる作業ですが、手掛けてきたビジネスの多くは、そうやって成果にたどり
着いていきました。

もちろん受注の可能性を絞ることは正直なところ、経営者や個人事業主にとって
怖さのある選択なので、無理強いはしていません。「現状を変えたい」と思ってい
るあなたへのメッセージです。

お客様を広くとらえて「価格競争」になるか、

細く絞って「価格の主導権」を握るか?

・・・あなたなら、どちらを選びますか?

持っていますか? 利害関係の”ない”人脈

先日、VCから投資を受けたITベンチャーの社長とディスカッションする機会がありました。

こういったステージで活躍される方は、ビジョンを相手に伝えるのが上手ですね。どんなに優れたビジネスプランも、相手にきちんと伝わってこそだと、改めて思いました。

続きを読む

売り込みが苦手な人の思考回路

販路開拓のお手伝いをしているとき

販売が苦手そうな人に、必ずと言ってよいほど問いかけているのが

上手に売り込もうと思っていませんか?

という質問です。もちろん、上手に売り込むことが営業の仕事なのですが、

続きを読む

右腕は欲しいが、雇うほどの仕事や予算がない。

ビジネスが成長するとき、必ずと言ってよいほど

経営者の頭を悩ますことは、会社をドライブする人材の獲得と

スペックと報酬のバランスですね。

続きを読む

ビジネスや発想の行き詰りを感じたとき

新しい事業を立ち上げた経営者や、起業者から

アイディアもコンセプトも良いビジネスのはずなのに、

「なかなか先に進まない」と相談されることがあります。

続きを読む

取扱ビジネスツール募集

アプトゥルーズ合同会社では、

スモールビジネスに特化した、ビジネスツールを常にサーチしています。

テストマーケティングや販路開拓受託のほか、ご希望により

当社クライアントやビジネスネットワークに対し、優先的に提案しています。

続きを読む

商談会やマッチング会で引き合いやアポイントが取れない

販売不振で相談を受けるシーンで、経営者の皆さんからよく聞く言葉のひとつに、

「商談会は疲れるだけで時間のムダ」

「そこで仕事なんか取れない」というのがあります。

続きを読む

独立3年目くらいで業績が伸び悩んだら

毎年若い経営者によくある相談が

「自信をもって始めたビジネスなのに、今一つ伸び悩んでいる。」です。

こういったケースは、その大半がポテンシャルの高い商材やサービスを

持っているのですが、なかなかブレイクするきっかけをつかめないでいます。

続きを読む