右腕は欲しいが、雇うほどの仕事や予算がない。

右腕は欲しいが、雇うほどの仕事や予算がない。

ビジネスが成長するとき、必ずと言ってよいほど

経営者の頭を悩ますことは、会社をドライブする人材の獲得と

スペックと報酬のバランスですね。

 

この場合の選択肢は、

1.業務量の増大による機会ロスをリスクと考え、早めにスタッフを増やす。

2.スタッフの余剰による手待ちをリスクと考え、残業量との兼ね合いでスタッフを増やす。

経営者のマインドで、どちらかになることでしょう。

 

いずれの場合でも、採用難のこの時期

優秀な人材の高騰は、経営者にとって頭の痛い問題です。

また、創業まもない経営者には、

1名を2名に増やす最初の採用が一番悩ましく

ついつい、我慢して自分に負荷をかけてしまいがちです。

 

こんなときのアドバイスですが、

昨今、スキルの高い人材も雇用形態が多様化しています。

小さな企業にとって、フルタイムの雇用は大きなリスクです。

 

採用に慣れ、目利きができるまで

人材の「当たり外れ」に振り回されることを考えると、

少々時間単価が高くとも、期間や従事日数を定めて

ハイスペックの専門人材を活用すると良いでしょう。

 

さらにパートタイマーと併用することで、

スキルと労働力の両方をヘッジすることをお勧めしています。

 

この悩みに対応するソリューション

1Dayコンサルティング ビジョンによる組織運営

専門家派遣 公的支援による経営診断/課題解決プログラム

著者について

uptrue'sLLC administrator