独立3年目くらいで業績が伸び悩んだら

独立3年目くらいで業績が伸び悩んだら

毎年若い経営者によくある相談が

「自信をもって始めたビジネスなのに、今一つ伸び悩んでいる。」です。

こういったケースは、その大半がポテンシャルの高い商材やサービスを

持っているのですが、なかなかブレイクするきっかけをつかめないでいます。

こういった症状がでている経営者に対して、カウンセリングを実施すると、

ほとんどの場合、やりたいことが頭の中にしっかりあるのですが、

顧客や取引先など、周りの意見を参考にして試行錯誤をしていくうちに、

当初のイメージからずれて「エッジ」が甘くなっていたりします。

 

簡単に言うと、目先の取引を大切にするあまり、

いつしか本来の目的を外れてしまっていることが多いのです。

 

なので、

何のために独立したのか?

ビジネスを通じて何を実現したいのか?

という、シンプルな問いかけに始まり、5~8回くらいの期間をかけて、

じっくり話していくことで、やってきたこと、考えていることを全部引き出します。

そして、頭の中を整理できるようビジネスツールを使って、

ビジュアル化してあげたりしています。

 

こうして、やりたい事がスッキリと紙の上に文章や図式になっていくと、

今やるべきことや、先回りして考えておくべきことなど、優先順位がわかってくるのです。

 

その後、毎日のビジネスに張り合いが出ることはもちろん、

副次的な効果として、いままでうまく伝えることが出来なかった、

取引先やスタッフとのコミュニケーションにまで改善が及び、

あなたのために何をなすべきか? がわかってもらえるため、

目に見えるほど周りの動きも変わっていくものです。

 

これまでの経験から、これらが明確になればなるほど、

詳細まで詰めれば詰めるほど、この効果が高くなる傾向になることが判っています。

 

何のために、事業を行うのか?

 

自信に迷いが生じたときは、少し歩みを止めてでも、

自分のビジョンを大切にしてくださいね。

 

この悩みに対応するソリューション

専門家派遣 公的支援による経営診断/課題解決ソリューション

ソロビズ創業相談 創業期のビジネスコミュニティ&トレーニング

著者について

uptrue'sLLC administrator